ぎたろーの邦ロックブログ

バンドを見るとニヤけてしまうくらい音楽、バンドが好き。邦ロックに関する記事がメイン。他、ジャンルレスでオピニオン記事など(雑記)も書いています!

俳優が出演している邦ロックバンドMV特集!

f:id:hr-tk:20190518104021p:plain
今回は俳優が出演している邦ロックバンドMVを紹介します!

よくTVでも見かける若手俳優が中心になります。


鴉 - 列車 出演者:山崎賢人

このMVでは人気俳優の山崎賢人さんが出演しています。この楽曲の突き抜けるようなサウンド、歌詞がMVのストーリーに合っていてとてもいいですね!葛藤から将来への希望を見出す感じを見ていてなんだか元気が湧いてきます
www.youtube.com

このバンドはドラマとのタイアップ曲が多々あるのですが、この曲はもしかしたら聴いたことあるかも。ドラマ「闇金ウシジマくん」の主題歌であり、マツコ・デラックス司会の「月曜から夜更かし」で時折流れたりしています。
鴉『巣立ち』 - YouTube


このバンドについて、詳しくは公式HPをチェック!→official web site


NICO Touches the Walls - かけら―総べての想いたちへ― 出演者:向井理

www.youtube.com

この曲は向井理主演のドラマ「傍聴マニア09〜裁判長!ここは懲役4年でどうすか〜」主題歌になりました。ちなみに、ニコにとって初のドラマタイアップとなりました。

主演の向井理さんが出演しています。

ちょっとしたドラマから始まっていますね。就活の面接が上手くいかず、途方にくれている。

そして2番のサビでその不満をぶちまけるように向井さんも歌っています。とても印象的です。

最後にまた受けた会社先から電話がかかってきますが、採用結果は・・・

是非MVをご覧ください。


フジファブリック  Water Lily Flower 出演者:成田凌

www.youtube.com

最近のフジファブリックの曲で、映画「ここは退屈迎えに来て」の主題歌にもなりました。

とてもゆったりとした曲調ですが、その中に優しさや力強さを感じさせる、とても包容力のある曲だと思います。

疲れてる時に聴けば、癒される気分になること間違いなし!

そして、MVでは人気俳優の成田凌さんが出演しています。

上で書いた映画に”椎名”として出演していて、このMVは映画のアナザーストーリーのような映像になっているそうです。

映画とは違う側面で”椎名”の歴史の一部を描いています。


この記事でもフジファブリックを取り上げています!
www.guitaro-blog.com


[ALEXANDROS] - アルペジオ 出演者:木村拓哉

www.youtube.com


この曲はPS4 用ソフト「JUDGE EYES:死神の遺言」の主題歌にもなりました。ゲームの主人公のキャラをキムタクが声優として演じていて、その縁あってMVに出演しています。

MVに出演するきっかけになったエピソードがあります。

(中略)「アルペジオ」を聴いた木村が「これ、やばいね。『JUDGE EYES』に[ALEXANDROS]が、この曲を作ってくれたってことに対する何かアンサーした方が良くないですか?」と、提案したことから始まったのだという。「まだミュージックビデオ撮っていないのであれば、俺、絡めないかな?」と『JUDGE EYES』の名越稔洋監督に声をかけ、実現した(中略)

木村拓哉、なぜ [ALEXANDROS]「アルペジオ」MVに出演? ラジオで語られた撮影&制作秘話 - Real Sound|リアルサウンドの記事から少し引用しました。

[ALEXANDROS]の演奏を撮影するカメラマンとして出演していますが、カメラは本物。かなり撮影を重ねたそうです。


今やドロスは人気バンドですね。[Champagne]時代から知ってるんですが、もはや懐かしく思える。笑 考えてみたら、人気が加速したのってバンド名が変わってからですよね。


LEGO BIG MORL - あなたがいればいいのに 出演者:吉沢亮

www.youtube.com

出演のきっかけとしては、タナカヒロキ(Gt)がMVを男の子目線のストーリーにしたかったらしく、このバンドのファンだった吉沢亮さんをオファーしたそうです。

詳しくは以下のインタビュー記事をご覧ください。

― そもそも「あなたがいればいいのに」という曲に、吉沢さんを選んだ理由も知りたいです。

ヒロキ:絶対に何かで絡みたいって、俺は一方的に思ってたんですね。「あなたがいればいいのに」は6年前に書いて、ずっと温めていた曲。正直、これはロックバンド側の意見なんですけど、そういうMVに可愛い女の子出して、泣かせて、踊らせたりとか…よくあるんですよ。そういうの、俺らは嫌やし。そこであえて男の子目線のストーリーっていう描き方をしたいと思った時に、俺はもう企画段階から、吉沢の名前をずっと挙げていた。

吉沢:ありがたいですね。

ヒロキ:LEGOを見にきてくれたり、マネージャーさんとの関係もあったから、一回アホなふりして(笑)、「いい作品にしたい」っていう想いだけをちゃんと伝えてみようか?って。そこを吉沢側は拾い上げてくれました。二つ返事ですよね。あとはスケジュールの調整だけって言ってくれて。

吉沢:ありがたかったです。MVは何回か出たことあるけど、一人でガッツリっていうのは初めてだし。すごく嬉しかったですね。仲良くさせてもらっているっていうのもありましたけど、単純にめちゃめちゃカッコイイなと思ったバンドさんなので。冗談で「MV出してくださいよ~」みたいな話をしてたんですよ。それが本当になってすごく良かった。

<吉沢亮×LEGO BIG MORLタナカヒロキ居酒屋対談/前編>お亮の“生演技”を見たLEGOメンバーの反応は…「一生忘れない」「目をそらしたらあかん!」 - モデルプレスより引用


MVのストーリーとしては吉沢亮演じる主人公の彼女がフランスに留学していて、帰ってくる日に花を持って迎えに行こうとしたらその途中で、彼女が事故に遭って死んでしまったという知らせを聞く…という流れです。


バラード調の曲にMVのストーリーが合ってていいですね!ギターソロがロックな感じでカッコいいです!


flumpool - ラストコール 出演者:野村周平

www.youtube.com

ショートバージョンもあります。
flumpool / ラストコール [MUSIC VIDEO Short ver.] - YouTube


映画「サクラダリセット」 主題歌に起用され、その主演が野村周平さん。

そのつながりで今回のMV出演に抜擢されたそうです。

この動画概要欄にも書かれてありますが、MVの説明を引用します。

今作は、忘れてはいけない過去が人々の記憶からも忘れ去られようとしている場所でありながら、生命の息吹を感じる一本の木が力強く存在し脈々と芽吹く草花が咲く、過去と現在が融合されたとある場所で力強く未来への希望を歌い上げるflumpoolと、一方無機質で時が止まったかのような街にいる一人の男を野村周平さんが演じ、2つの世界が絡み合う今までに類を見ない作品となっている

最後に太陽を見つめているのが印象的ですね。


※よかったらこちらもご覧ください。ボーカルの山村隆太さん、野村周平さん、映画監督の深川栄洋さん、プロデューサーの春名慶さんの各コメントが載ってあります
flumpool、新曲“ラストコール”が野村周平主演の映画主題歌に (2016/12/09) 邦楽ニュース|音楽情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)


flumpoolってストリングスが使われている曲多い印象。最近あまりぱっとしないと思うのは僕だけ?
この曲のアウトロのワウのかかったギターがカッコいいです。個人的にね。笑


flumpool - 見つめていたい 出演者:野村周平

www.youtube.com

こちらはSpecial Editionです。画質が少々悪いですが。
flumpool "見つめていたい" Music Video (Special Edition) - YouTube

これはau LISMOのCMキャンペーンソングになった曲。聴いたことある人いると思います。なんか懐かしい。

で、野村さんははじめの方で出ています。若い! さっきの「ラストコール」のMVの時から約8年前になります。

ちなみに、この時が初の映像作品出演となったそうです。

MVのストーリーについてですが、こんなツイートを見つけました。

バラード調の音楽に歌詞にとてもマッチしていると思います。


ストレイテナー - DAY TO DAY 出演者:千葉雄大

www.youtube.com

ホリエアツシ(Vo, G, Piano)は千葉雄大さんと以前から親交があり、いつか自分の作品に出演することを望んでいたそうです。

1人の男の現在と過去か、はたまた2人の男のそれぞれの1日か、そんなドラマを撮りたいと思っていたとか。

「喪失感」をキーワードに、歌詞にマッチしたMVに仕上がっています。

※詳しくはこちらもご覧ください。
ストレイテナー「DAY TO DAY」MVに千葉雄大出演 - 音楽ナタリー

サビに向かって盛り上がっていくところや、ギターロックな間奏で画面がブレる演出などがいいなと思いました。


おわりに

いかがでしたか?

MVではTVでもよく見る人気俳優がたくさん出てきましたね。ドラマ・映画とのタイアップつながりというパターンが多いように感じました。

有名な俳優が出演すれば、それだけで話題になり、バンドの知名度が上がったりします。

また、逆も然りで、人気バンドのMVに無名の俳優が出演し、それがきっかけで一躍有名になることもあると思います。

双方が人気であれば、より話題を生みます。

MVに俳優が出演するというのは、お互いWin-Winの関係を築きやすいのではないでしょうか。

個人的にはテナーと[ALEXANDROS]のMVに千葉雄大、キムタクが出ていて、思わずびっくりしてしまいました。笑



また、今回取り上げた、NICO Touches the Wallsの『かけら―総べての想いたちへ―』ですが、

もうMVはご覧になりましたか?



僕の感想を少し。



見ていてなんだか重いです。

この曲がリリースされたのが2009年。当時まだ就職氷河期と言われた時期だと思います。

なんか、当時の社会情勢を表してるように感じました。



まあ、人それぞれ感じたことは色々あるかと思います。

好きな俳優が出ていたり、好きなドラマや映画の主題歌だったり、「あの俳優出てるやん!」っていう意外な発見だったり。

また、好きなバンドのMVに好きな俳優が出てると嬉しいんじゃないでしょうか。

この記事をきっかけに新しい音楽との出会いがあれば幸いです。



よかったらフォローもよろしくね~!