ぎたろーの邦ロックブログ

バンドを見るとニヤけてしまうくらい音楽、バンドが好き。邦ロックに関する記事がメイン。他、ジャンルレスでオピニオン記事など(雑記)も書いています!

女優が出演している邦ロックバンドMV特集!

f:id:hr-tk:20190520164515p:plain
以前、この記事を書きました。
www.guitaro-blog.com

今回は女優編です!各女優ファン必見!そして邦ロック好きさんも色々見てみてください。

YouTubeにUPされている動画を埋め込み、掲載しています。

実際に音楽を聴きながらMVを見て、楽しみましょう!

Base ball bear - short hair 出演者:本田翼

www.youtube.com

この曲にはまだ有名になる前の本田翼が起用されました。

曲は淡く切ないラブソング? 様々な解釈ができそうな奥深い歌詞で、曲調は夏らしく爽やか、けどどこか切ない。浮遊感あるギターのアルペジオがそうさせてるのか?

MVを見ながら聴いてると、夏の終わりを感じさせたのですが、やっぱり!この曲のリリース日は8月31日です。


Base Ball Bear - PERFECT BLUE 出演者:本田翼

www.youtube.com

これも夏ソングです。これは軽快で高揚感を感じさせる曲ですね!

ちなみに当時、この曲とベストアルバム『バンドBのベスト』が同時発売ということで、両作を連動させた楽しみ方がいくつかあるようです。

ベストアルバムに収録されている全22曲のMV、歌詞にまつわるネタが要所要所に含まれているんです。

小出祐介(Vo/Gt)が数取器を持っていますが、一曲にまつわるシーンが出てくるごとにカウントしています。

そして最後に”23”と。23曲目はまさにPERFECT BLUE!

以下の記事を参照しました。こちらも是非読んでみてください。


Base ball bear - すべては君のせいで 出演者:本田翼

www.youtube.com


2017年4月にリリースされた7枚目のアルバム『光源』のリード曲。イントロのギターのカッティングがたまらん!また、アウトロにはギターソロが入っており、ギターキッズは必聴!

で、またまた本田翼。新宿の歌舞伎町近くの靖国通り沿いで、高所作業車であるハイライダーを2台設置して撮影されたそうです。

なんと地上から25m!オシャレで大人な雰囲気ある曲と新宿の夜がマッチしています。

MV撮影に当たっては、「“史上最強にかわいい本田 翼”を更新しよう」と意気込んだそうです。
「本田 翼を史上最高にかわいく撮る」作戦──Base Ball BearのMV撮影特別対談 – 音楽WEBメディア M-ON! MUSIC(エムオンミュージック)


never young beach - お別れの歌 出演者:小松菜奈

www.youtube.com

このMVを作るにあたっては、何年か一緒にいた人の映像を見返したときに感じる、『うぅ…』と胸に迫ってくるような映像を、なんとかして作れないかな?っていうところから始まったそうです。

でも多くの人がそう思ってくれなければいけないと思い、「とにかく一番かわいらしい人にお願いしよう!」と、小松菜奈が起用されました。

このプライベート感。リアルですね。never young beachのシティポップサウンドとこれがまた合ってる!そう思いませんか?

ちなみにこのバンドの安部勇磨(Vo/Gt)は俳優の高橋一生の弟だそうですよ。


こちらの記事を少し参照



チャットモンチー - コンビニエンスハネムーン 出演者:小松菜奈

www.youtube.com

MVではメンバー2人がコンビニ店員に扮し、来店する人々を見守るという設定で、お客さんとして小松菜奈が若いカップルの彼女役で登場しています。

コンビニでの買い物がそのままストーリーになってますが、途中にダンスがあったりして面白いです。コンビニの日常感とゆったりとしたテンポがマッチしています!


こちらの記事を少し参照


チャットモンチー - いたちごっこ 出演者:吉岡里帆

www.youtube.com

吉岡里帆演じる『OL。24歳。レコード会社勤務』という主人公の設定のもと、鋭いメッセージを含んだ楽曲のイメージがMV化されています。

歌詞について、橋本絵莉子(Vo/Gt)はお酒を飲んで書いたそうです。

前面に出ているピアノが可愛らしく軽快で、ポップな印象はありますが、しっかりギター、ベース、ドラムが鳴っていて、ロックサウンドと共存できていると思います。


Rhythmic Toy World - 描いた日々に 出演者:吉岡里帆

www.youtube.com


吉岡里帆をMVのヒロインに起用。MVのストーリーは学生時代の悔しい想いを胸に隠しながら社会人になった主人公が、ヒロインの“諦めんなよ!”というひと言で過去と現在に立ち向かっていくというものです。

"一回ポッキリの人生、収入や地位や名誉
そんなステータスなんか ぶち壊してしまえばいいよ
世界は廻ってるんだ 動き出した僕等が輝けるようにと"

最後の歌詞にも見られるように熱い応援ソングです!ギターが前面に出ている明るいロック調とともにリズミックらしい楽曲だと思います。

こちらの記事を少し参照


きのこ帝国 - 東京 出演者:臼田あさ美

www.youtube.com

インディーズ2ndアルバム『フェイクワールドワンダーランド』収録。きのこ帝国の中でも名曲と話題にもなりました。

臼田あさ美を起用した理由に、透明感がありつつも、表情ひとつでは単純に感情を読み取れない複雑さに惹かれましたからだそうです

幸せな側面だけではなく、その裏側に潜む不安や悲しみなども映像としても表現できているとしています。

belongmedia.net


感情的に歌っている部分とそうでない部分で緩急あるように思いました。ゆったりとしたテンポがさらにエモさを引き立てているような気がします。


きのこ帝国 - 愛のゆくえ 出演者:臼田あさ美

「東京」より約2年後また出演しています。映画『湯を沸かすほどの熱い愛』の主題歌にもなった曲。

ノイジ―なギターサウンドがエモさを掻き立てているように思います。浜辺のどこか霞んだ景色とマッチしています。

コマ送りがゆっくりなのもこの曲に合っていますね。

よかったらこちらもご覧ください。


HaKU - 衝動 出演者:武田玲奈

www.youtube.com

ドラマ「監獄学園 -プリズンスクール-」のOPになった曲。そのキャストである武田玲奈、また、中川大志も出演しています。

このMVはドラマのアナザーストーリー的な感じになっているそうです。

神様、僕は気づいてしまった - ストレイシープ 出演者:波瑠

www.youtube.com

波瑠主演の映画「オズランド 笑顔の魔法おしえます。」挿入歌。

MVでは歌詞の中で綴られている「夢」や「将来」という誰もが抱える(もしくは過去に抱えていた)課題に直面した際に、自らの存在意義を問い、悩み、葛藤する人々の象徴として存在する役を演じています。

乾いた感じのギターロックにどこか中性的なボーカルの声。サビに向かって炸裂するような曲展開は、溜まっていた鬱憤を晴らすような感じがあります。

※こちらの記事に波瑠と作詞作曲した東野へいと(Gt)のコメントが載っています。
神様、僕は気づいてしまった、初の映画挿入歌“ストレイシープ”MV公開。主演の波瑠が全編出演 (2018/10/10) 邦楽ニュース|音楽情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)


おわりに

いかがでしたか?

人気の女優を中心に取り上げてみました。

これも俳優と同じで、MVで取り上げられれば話題になります。

ベボベやきのこ帝国、神僕、リズミックのMVにこんな有名女優がでてるのはびっくりしました。

本田翼はもはやベボベ専属、的なところありますね。笑



よかったらこちらの記事も読んでみてください!
www.guitaro-blog.com



よかったらフォローもよろしくね~!