ぎたろーの邦ロックブログ

バンドを見るとニヤけてしまうくらい音楽、バンドが好き。邦ロックに関する記事がメイン。他、ジャンルレスでオピニオン記事など(雑記)も書いています!

個人的に学歴ってそんなに重要じゃなかったなという話

今思えばそう思いますね。
f:id:hr-tk:20190410111044p:plain:w300
今回はそれについて書いてみたいと思います。

高校の頃

「いい大学に入っていいところに就職する」っていうのが、漠然と考えとしてありました。だから勉強は頑張ってた。



某難関国公立を目指して結構勉強しました。その大学に行って何かやりたいことがあるということはなく、



高学歴っていうブランド
いい大学に行けば就職もいい



みたいなことを考えていましたね。(今思えばもっと好きなことに全力で取り組んでればよかったって思ってます)



また、国公立以外は価値がないって思ってました。(進学校ゆえの洗脳的?考えです)
これは割と進学校あるあるだと思う。自分の周りは難関といわれる国公立大を目指してたので、みんな意識が高いし、それ以外は滑り止めみたいな感じで眼中にない。



浪人してた時にこんなことがありました。
予備校に通ってた時、ホームルームで校長が言ったんです。

「〇〇〇〇大学(いわゆるFラン大学と言われる大学)やと就職の時に泣かなあかんよ」



これが現実なのか・・・

やっぱ大学はいいとこ行かなあかんな



この時ほどこう思ったことはなかったような気がします。

そして大学生


まあ一応そこそこの国公立大学へ行ったんですが、就活をし出した時に気づきました。


学歴って別にいらなくね?


就活で受けてた会社はほとんどが中小レベル。大企業には興味なかった。
自分が求める会社の条件の一つがこの時「中小企業クラスの規模」ていうのが分かったんです。



就活を意識していない、まだ会社で働くということに対して漠然としたイメージしかなかった頃は「いいところに就職する」だった。



そのために「いい大学(=高学歴)」という目標があった。
しかも「いいところに就職=大企業」なんです。



もし、高校の頃から働くことに対して明確なイメージができて、「中小クラスの会社でこういう風に働きたい!」というビジョンがあったとしたら・・・



多分学歴を求めるほど勉強はしなかったんじゃないかと思うんです。



中小レベルなら学歴はそんなに重要視されない。大企業ならいわゆる「学歴フィルター」があったりする。あと官僚になりたいとかでも学歴はいる。



そこで振り返った時に、就職する上で自分に学歴はそこまでいらなかったなとなりました。

おわりに

高校の頃はどういう会社で働くのかってことがイメージできていなかったですね。単に就職で有利になるからって漠然と考えてた。



もっと先を見据えて勉強しとけばよかったなと少し後悔



皆さんはどうでしょうか。僕と同じような考えの人はいるのかな。。。




最後に余談ですが、僕が大学生になった時には、「大企業≠安定」という考えが出てきだした。しかも会社の仕事がAIに奪われるという話も出てきている。



気づけばこういう時代になっている。これは高校の時には考えもしなかったことです。
技術革新がめまぐるしい時代の中、将来は予測不可能。



だからこそ先を見据えて行動していくべきなんじゃないかと。
10代の頃こういうマインドを持っていれば、もっといい時間の使い方ができたんじゃないかと思っています。



よかったらフォローもよろしくね~!