ぎたろーの邦ロックブログ

バンドを見るとニヤけてしまうくらい音楽、バンドが好き。邦ロックに関する記事がメイン。他、ジャンルレスでオピニオン記事など(雑記)も書いています!

ギター→ギターボーカルに転向したメンバーがいる邦ロックバンド特集!

f:id:hr-tk:20190517103701p:plain
バンドの中では色んな経緯を持った人がいます。

バンド活動をしていく中でパート転向をする人は少なからずいる。

中でも「ギター→ベース」というケースは結構多いです。



ですが、この記事では「ギター→ギターボーカル」というケースをご紹介します。

打首獄門同好会

最近、安倍首相との面会で話題になったバンドでもあります!
www.fnn.jp

「生活密着型ラウドロック」と謳って活動していて、ヘヴィなサウンドに生活感溢れるユルい歌詞が特徴。

ROCK IN JAPAN FES、COUNTDOWN JAPANなどの大型フェス多数出演、武道館ライブ成功、最近ではメディア出演など今注目が集まっているバンドです。

※詳細はこの以前の記事を読んでください。
www.guitaro-blog.com

打首を代表する?曲、一番再生回数が多いのをピックアップ!
www.youtube.com



そんな打首獄門同好会のギターボーカルは大澤敦史氏。ハードロックやメタルに傾倒する筋金入りギターキッズ!

元々はギタリスト志望だったそうですが、ボーカルもやるようになった理由はボーカルが見つからなかったから

ちなみに、ライブでは7弦ギターをメインギターとしています。メタル、ラウドだけでなく、ジャズやフュージョンなどそれ以外のジャンルにも対応できるようにするためだそうです。

打首獄門同好会公式サイトを少し参照しました。


凛として時雨

2002年、埼玉にて結成されたスリーピースバンド。

公式ホームページにちょうど良い紹介文があったので引用します。

男女ツインボーカルから生まれるせつなく冷たいメロディと、 鋭く変幻自在な曲展開は唯一無二。 プログレッシブな轟音からなるそのライブパフォーマンスは、 冷めた激情を現実の音にする。

PROFILE | 凛として時雨より引用


高音ツインボーカルに変幻自在なギター、手数の多いドラム、ジャンルとして当てはまるものがない、唯一無二を地で行くバンドです!
www.youtube.com



TK(Vo/Gt)がギターボーカルに転向するに至る経緯があります。

結成当時のオリジナルメンバーはTK(当時はGt)と345(Ba/Vo、当時はVo/Gt)。4人編成のバンドだったそうですが、ベースとドラムのメンバーが脱退。

その際、TKはギターからギターボーカルへ、345はギターボーカルからベースボーカルに転向

このようなパート転向があったのは、抜けた2人のメンバーの埋め合わせ(集める)がめんどくさかったからだそうです。



それからはバンド名を「凛として時雨」にしてドラムを募集するように。そして入ってきたのがピエール中野氏です。
ピエール中野 凛として時雨 from 埼玉 (@Pinakano) | Twitter

凛として時雨 - Wikipediaを少し参照しました。


フジファブリック

2000年に志村正彦(Vo/Gt)を中心に結成されたバンド。

曲調はポップなものやバラード調が多いと思います。そして志村さんのどこか哀愁あるボーカル。(今は山内さんなので爽やかで伸びやかなボーカルですね)

この曲はCMに起用され話題にもなってますね!聴いたことがある人は多いと思います。
www.youtube.com

ちなみに、ミスチル柴咲コウなど有名アーティストにもカバーされてる曲でもあります。



さて、このバンドは志村さんがギターボーカルを務めていたのですが、2009年に急逝し、山内総一郎(Gt)がギターボーカルをやるようになったのです。

当時から人気バンドだっただけに、ボーカルがいなくなってしまうのは、解散レベルの致命傷なはず。ボーカルはバンドの「顔」ですからね。

それでも、山内さんがボーカルをやろうと思ったのは、何か変わった理由があったわけではなく、ただ目の前のやるべきことだけを考え、ライブなどを実現していかなければならないという使命感からのようです(後述)


UNISON SQUARE GARDEN

2004年に東京で結成されたスリーピースバンド。最近のバンドの中でも結構人気ですよね!

ギターロックものを中心にキャッチーで多彩な楽曲が多く、曲ごとにしっかりとした「色」を持っているように感じます。個人的にですが、これは斎藤宏介(Vo/Gt)氏のギターテクニックあると思っています。


これはMステでも披露されたユニゾンの中でも有名な曲です!確か当時、ベースの田淵さんのパフォーマンスがTwitterで話題になったような・・・
www.youtube.com

これだ(笑)



そんなユニゾンのボーカルは斎藤さんですが、最初はギター担当でした。

高校生の頃、組んでいた最初のバンドではユニゾンの三人にボーカルを加えた4人編成だったそうです。

そして高校3年の冬にそのバンドの解散が決定し、大学進学後改めて田淵(Ba)さんと鈴木(Dr)さんを誘ってユニゾンが結成されました。

斎藤さんは自分で歌うバンドを作りたかったそうです。よって、ギターボーカルをしているわけですね。

ファン歴8年の“物好き”が語るUNISON SQUARE GARDENの魅力 - アールログを少し参照しました。


おわりに

いかがでしたか?

取り上げたバンドは皆スリーピース形式ですね。

ギター→ギターボーカルへの転向理由には「ボーカルが見つからなかった」「メンバー集めがめんどくさい」「ただ活動を続けるため」「ボーカルをやりたいから」などバンドによって様々。

どのバンドもみなもともと本職がギターだっただけに、ギターが上手い!中でも時雨は断トツの上手さだと思ってます!笑

あのカオスなフレーズを歌いながら弾くとかもはや訳が分からない。変態だ・・・(誉め言葉)

時雨にはある意味衝撃を受けましたね。そして好きなバンドです。



最後にもう一つ、フジファブリックは「すごい」バンドだと思っています。

「後述」とありましたが、その続きです。

山内総一郎氏が2代目ボーカルとして活動していますが、ボーカルをやるようになった経緯について以下のインタビューでこう答えています。

(中略)――そして、そのアルバムが発売された年の12月。レーベル移籍発表前に志村さんが亡くなられました。

【山内】レーベルを移るということで、打ち合わせも、新しいアルバムの“曲出し”もしていたんです。でも志村君がいなくなったことで、一気に目の前が見えなくなったし、見ようともしなかった。「バンドをどうするかはすぐには考えられない」「とにかく決まってることだけやろう」と思って……。志村君の夢だったんですけど、10年7月に富士急ハイランドでライブ(「フジフジ富士Q」)を開催することは決まってたんです。同タイミングで、アルバムを1枚出すことも。だから、これからどうするかは何も考えずに、これぞ使命感というか、とにかくライブを実現することだけ考えようと突っ走ってました。亡くなったことなんて、未だに理解はできないし、受け止めていくつもりではあるけど、そこをどうこうしようというよりかは、それが現実になってしまったので。予定がなかったら、ずーっと何もせずに時間をやりすごしていただけだった気もするんです。

「俺が歌う」と言ったんです フジファブリック 山内総一郎インタビュー | ニコニコニュースより引用



ボーカルが変わっても、人気を維持し続けている稀有なバンドだと思っています。世界的に見てもこんな例はないような・・・

いや、誇張ではなく。


パート転向エピソードを知るのも面白いです。

この記事が、好きなバンドをより深く知るきっかけになるとともに、新しい音楽との出会いがあれば幸いです。



よかったらフォローもよろしくね~!