ぎたろーの邦ロックブログ

バンドを見るとニヤけてしまうくらい音楽、バンドが好き。邦ロックに関する記事がメイン。他、ジャンルレスでオピニオン記事など(雑記)も書いています!

友達がいないと悩んでる人はそんなに気にしなくてもいい

どうも。

皆さんは友達と呼べる人がいるでしょうか。

中には友達がいないと悩んでいて毎日が楽しくなかったり、自分に自信が持てなかったりする人がいるのではないでしょうか?

タイトルにもあるように、

僕は友達がいなくてもそんなに気にしなくてもいい

と思っています。

ちなみに僕には友達と呼べる人は今のところいません。

それは自分がすごく1人が好きで、人との付き合いが不器用という性格にもあるんですけど。

「気にしなくていいの?じゃあこれからも友達がいないままずっとこのままなんじゃ・・・」

そういうことではないんです。

考え方の問題だと思います。

どういうことかというと、

「友達」にあまりとらわれないようになるべきだということが言いたいんです。

恐らく深刻に悩んでいる人ほどいきなりそういう考え方を身につけるのは難しいかもしれません。

ここからは自分の経験も交えつつ書いていきます。



僕は中学まではちゃんと友達がいました。

とは言ってもたくさんいるわけではなく本当に親しく付き合える友達が数人(ほとんどが小学校からの幼馴染)いたという感じです。

通っていた中学は勉強ができる学校ではなく、荒れていました。

なので周りのレベル?も低くかったです。

僕は勉強を頑張っていたので、高校では難関大学の進学実績がいい進学校に行きました。

友達や知り合いはほとんどいない環境になります。
(高校生になって以来、中学の友達とは疎遠になって付き合いがなくなりました)

高校では、中学とのギャップ(学力や周りのレベルなど)がめちゃくちゃありました。

勉強も自分よりできる人たちがたくさんいて、中学まで関わってきた人と感じや話す内容などが全然違う・・・

このギャップゆえに周りとの付き合い方が分からない状態になりました。

中学の時のような会話ができず、いい関係が築けない。

そして友達がいないと悩み始めるようになったのです。

高校3年間はずっとこんな感じで、友達はできませんでした。

「どうすれば友達できるんやろ」

こればっかり考えてました。

今思えばいい思い出がありません。

高校はそんな感じで時間が過ぎ、大学生になると、また環境が変わりました。

大学では前のようなギャップを体験することはありませんでしたが、4年間を通じて友達はできませんでした。

高校で友達が出来なかった状態が続いてあまり人と喋ったりするのがなくなったことが原因なのか、

人との付き合い方が分からなくなっていたと思います。

また、大学は高校のようなクラスがなく、サークルなどに入らない限り、人間関係は高校までに比べたら薄っぺらくなるというのもあるかもしれません。

軽音サークルに入ったりしましたが、周りとのノリが合わなかったりして、2年ほどで辞めてしまいました。

思えばサークルが大学での唯一のコミュニティと呼べる場でした。

サークルでの自分の付き合いはサークル内だけでそれ以外で遊んだりということがありませんでした。

うわべだけの付き合いみたいな感じでしたね。

辞めた後は特に何か新しくやってみたいこともなく、ほとんどぼーっとしてました。(思えば大学生活の大半はぼーっとしていました。)

大学入っても友達できんなーと思いながら。

そして3回生の時に就活を迎えます。

その時になって

「就職どうしよう。興味ある業界ってなんやろ?」

焦るようになって結構たくさん会社を回りましたが、自分がやりたいことが何なのか見つからず、たまたま内定をもらった会社にとりあえず就職することにしました。


ここまで長々と書き連ねましたが、就活をしていく中で思い知ったことがあります。

今まで自分の将来について全然考えてこなかったなということです。

そしてその原因は

「友達」にとらわれ過ぎていたことにあると思いました。

友達のことばかりが頭にあって自分のことに目を向けれていなかったのではないか。

こういう風に考えた時、今まで友達いなくて悩んできたことを後悔するようになりました。

また、高校からの感じからして今までの考え方ではこれからも友達はできないんじゃないかと思うようになりました。

このときから友達は別にいなくていいという考え方をするようになりました。

友達とかいらんくね?

そういう割り切った考えをするようになったのです。

他人よりももっと自分のことを考えるようになりました。

まずはなりたい自分を見つけてみようと思いましたし、今も模索中です。

あるべき自分になって自信をつけるところから始めてみたいです。

いろんな経験をして自分の中に引き出しをたくさん作っていけば価値観も広がっていくだろうし、結果的には人付き合いにもいい影響がある、そう思っています。

友達に執着するのではなく自然な感じがきっといい。

最後に

こういったことから「友達がいない」ことに悲観的になる必要はないと僕は思います。

もっと自分に目を向けて自分の時間を大切にした方がいいのではないでしょうか。

かなり長くなりましたが、ここまで読んでくださってありがとうございました。