ぎたろーの邦ロックブログ

バンドを見るとニヤけてしまうくらい音楽、バンドが好き。邦ロックに関する記事がメイン。他、ジャンルレスでオピニオン記事など(雑記)も書いています!

ウーバーのボーカル・TAKUYA∞の魅力!人気の秘密とは!?

f:id:hr-tk:20190806203801p:plain
10~20代を中心に爆発的な人気を誇る
バンド・UVERworld。


今回はそのボーカルであるTAKUYA∞の魅力
について迫っていきます。


ウーバー。カッコいいですよね!
僕がめちゃ大好きなバンドです。


メンバーそれぞれの個性が際立っているの
ですが、中でもタクヤの圧倒的存在感。
語らずにはいられません。


そんなボーカル・たくやの魅力を本記事にて
是非、ご堪能ください。笑
5分程度で読めるので、


「UVERworldってどんなバンドなん??」


そんな初心者さんもサクッと読めちゃいます!
もちろん、ファンも必見ですよ!

ウーバーのTAKUYA∞の魅力!その1:唯一無二の超絶ハイトーンボイス

TAKUYA∞と言えば、
もう・・・コレでしょ!
あの歌声!


コチラの動画、ご覧ください。




この超絶パワフルなボーカル
圧倒的存在感。



強烈なオリジナリティを感じずには
いられないですね。ハイ。



ウーバーのTAKUYA∞の魅力!その2:ファンを瞬く間に魅了する熱いMC

UVERworldはそこまでテレビに出るようなバンドではありません。(昔でてましたけどね)
ウーバーと言えば、ライブ!!


特にMCは圧巻の一言。


「何コレ、めっちゃクサいこと言ってるやん」
「厨二やなぁ〜」



いやいや、それがいいんですよ。笑



この青臭いMCはTAKUYA∞を語る上では
絶対外せない魅力です!うん!間違いない!!




ウーバーのTAKUYA∞の魅力!その3:独創性あふれるメロディセンス

UVERworldの楽曲は主にTAKUYA∞が作詞作曲のモノが多いです。



(厳密にはタクヤとギターの彰の共作が多い)



もちろん、他のメンバーが書いた曲もあるんですけど。


ウーバーの曲はどれもカッコよく、
好きな曲はたくさんありますが、


とりあえず「UVERworldと言えば…」的な
代表曲を厳選すると・・・


この曲、聴いてみてください!



いやぁ~もう、イントロから
かっこいいですな。


この、ギターのアルペジオのフレーズ、
好きです。


ウーバーは基本、「ミクスチャーロック」というジャンルにカテゴライズされることが多いですね。



ヘヴィなラウドサウンドをベースにヒップホップ、ポップス、バラード、R&B、エレクトロニカ...etc



もう、なんでもござれって感じ。
要は、幅広い音楽性ってこと!



幅広い音楽性って言うとありきたりな感じがして、イマイチ伝わらないかもなんですが、



どの曲を聴いても丁寧に作りこまれてる
印象があります。


TAKUYA∞の楽曲に対する想いが
強く込められているんでしょうね。
ぜひぜひ、他の曲も聴いてみてくださいね!



ウーバーのTAKUYA∞の魅力!その4:他者の追随を許さないストイックさ

ウーバーのTAKUYA∞はホントにストイック。



なんと、一日10Km走るそうです!!



…ヤバい(震)



また、食生活も徹底的に管理していて、
小麦粉を含む食べ物や麺類を取らないのだとか。



あと、お酒は年に3回しか飲まない。
タバコも吸わない。歌を歌うので、
喉に気を遣っているわけです。



こういったストイックさは、TAKUYA∞が書く歌詞にも現れていますね。



ここで、歌詞の引用はしませんが、
そんな特徴が強く出ている曲を2曲、
紹介したいと思います。



UVERworld 『Fight For Liberty version 1』
UVERworld 『PRAYING RUN』



2曲目はランニング中にインスピレーションを得た曲だそうですよ!


ウーバーのTAKUYA∞の魅力!まとめ

・唯一無二の超絶ハイトーンボイス
・ファンを瞬く間に魅了する熱いMC
・独創性あふれるメロディセンス
・他者の追随を許さないストイックさ


以上、僕が思う、ウーバー・TAKUYA∞の魅力
でした!


やっぱ、あの圧倒的カリスマ感はありますね。
ウーバーってメンバーみんなお立ち台に立って
演奏することが多くて、



それぞれ目立つんですけど、



中でも、たくやは別格。



まあボーカリストだから目立つのは
当たり前なんですが、
タクヤの存在感は空間を圧倒します。


そして、ライブステージを縦横無尽に駆け回る。


ポスト稲葉浩志的な?


それくらいの熱量を感じさせる
ウーバーのボーカル・TAKUYA∞。



もっとシンプルな言葉で言うと、まあ
「すごいボーカリスト」ってなるんでしょうか。笑



本記事を読んで、ウーバーが
少しでも気になっていただけたら、
ホントにもっと聴いてみてほしいです!