ぎたろーの邦ロックブログ

バンドを見るとニヤけてしまうくらい音楽、バンドが好き。邦ロックに関する記事がメイン。他、ジャンルレスでオピニオン記事など(雑記)も書いています!

【転職】ワークポートの個人面談の雰囲気について【神戸三宮】

僕が転職を考えるようになって、
初めて利用した転職エージェントがワークポートです。
こないだ個人面談に行ってきたので、どんな感じだったのかをお伝えできればと思います。

目次

きっかけ

転職を意識するようになって、まず初めにマイナビ転職に登録したんです。
そしたら、数日後スカウトメールが来ました。

「ワークポートどうですか?」

僕のこれまでの経歴を見ての紹介でした。
ていうか既に2通目でどうやら一通目のリマインドメールで気づいたようです。

「とりあえず一回利用してみようかな。合わなかったら止めればいいや!」

ぐらいの軽い気持ちで利用を決めました。

それからメールでのやり取りののち、個人面談を専用の予約フォームから予約しました。

ワークポートとは?

人材紹介専門で10年以上、転職支援1万人以上の実績を持つ人材紹介会社。
常時15,000件の求人案件を保有していて、非公開求人案件情報が豊富。
メインの利用者は20~40代前半。
ワークポート内のサービス全てが完全無料。

①人事担当者との強いリレーション

こちらの希望に応じて求人をすべて送ってきてくれます。
また、書類の作成から面接までをきめ細かくサポートしてくれます。
具体的には、

・履歴書・職務経歴書の添削、または作成代行
・蓄積情報に基づく企業ごとの面接対策
・面接スケジューリングや年収交渉の代行

です。

面接に関しては、面接後に、面接中に言えなかったことを転職コンシェルジュ(担当者)が聞いてくれ、
その内容を選考企業に伝えてくれたりもします。
つまり、面接のアフターフォローをしてくれます。

②eコンシェル

他社にはない、ワークポート独自の転職支援システム。webアプリです。
主な機能としては4つあります。
1つ目は担当転職コンシェルジュとやり取りができる「チャット機能」
2つ目は紹介のあった求人ごとに先行状況をすべて把握できる「応募求人管理機能」
3つ目は「面接スケジュール管理機能」
4つ目は「求人検索機能」

要は、eコンシェル一つで求人検索から応募企業の選考などを一括管理できます。

③営業、販売、事務管理系、IT、クリエイティブ系に強み

約5000社/約20000案件以上を誇る圧倒的な情報量。
強みであるIT/インターネット業界だけでも約2000社との取引実績が有るそうです。

ネットとかで調べても、やはりIT・WEB系に強いと言われています。
僕自身がスカウトされたのは前職がSEでIT業界にいたからなのかなと思っています。

個人面談レポート

会場まで

時間通りに到着すると、まず受付のタブレットで「来場」のボタンをタップしました。
すると、転職コンシェルジュと言われる方が来ました。
そこで、なんと、こちら側でちゃんと予約できていませんでした笑
が、対応したコンシェルジュが急遽個人面談をしてくれることになりました。

個人面談

個室に案内されました。
お心遣いとして、500mlのクリスタルガイザーの水を持ってきてくれました。コップも添えて。
個室には木製の机と椅子が2つで、そこでコンシェルジュと向かい合って相談が始まります。

はじめにコンシェルジュが順に質問していってそれに答えていきます。
一方、コンシェルジュはその都度、その内容をPCに入力していきます。

ちなみに、質問された内容がこちら

・前職を辞めた理由
・今の状況
・希望職種
・希望勤務地
・志望業界
・興味ない業界
・給料はどれくらい欲しいか
・将来の目標ー会社でのキャリアアップ

そして、このやりとりが終わった後、求人票を印刷して持ってきてくれました。
最後はワークポートの説明や転職について、eコンシェルを使った今後の流れを教えていただいたり、
こちらから聞きたいことを質問するという時間がありました。

面談自体はこんな感じで、
最後に、個人面談終了後は履歴書、職務経歴書の提出と今回紹介された求人の応募・辞退を決めた期限までに行うようにと言われました。

帰りはエレベーターのドアが閉まるまで見送っていただきました。おもてなしですねー。
ちなみに、クリスタルガイザーは持って帰ってもいいと言われたので、いただきました笑

おわりに

ワークポートはとても丁寧な印象がありました。
担当者一人ひとりが「コンシェルジュ」と言われているだけあります。
それはもうホテルのコンシェルジュさながらです!

僕は今回参加してみて、ワークポートを利用してみようと思っています。

IT・web系に強いのでこれらの業界志望の方は
この転職サービスを一度検討してみてはいかがでしょうか!

よかったらTwitterのフォローよろしくお願いします!